顔が変形する人の特徴

顔が変形する人の特徴

顔が変形する人の特徴

キリストは何を食べていたのか?とドン・コルバート(医学博士)(顔が変形する人の特徴)の解説です。


【キリストは何を食べていたのか?:ドン・コルバート(医学博士) 訳:越智道雄 出版社:ビジネス社】


【加工食品を食べた両親から生まれた子どもは、顔や顎の変形が多くなり、出産異常の比率も高くなりました。:P010】


虫歯や病気だけでなく、加工食品は変形、つまり顔のゆがみに大きく影響を与えているんですね。


よく言われるのが、軟らかい食べ物による咀嚼不足 ※咀嚼(そしゃく・噛むこと)


しっかり噛まないと、顎が十分に発達しません。


よくあるのが、太ってないのに二重顎。


顎が成長しないと、顎の周りの筋肉や脂肪が余ってしまうからですね。


小顔と言っても、ただの発達障害では魅力的にはなりません。


あくまでも健康最優先にしましょう。


食べ物はよく噛む。 固い物を噛む。


親だったら、子どもに習慣を身につけさせる。


当たり前のことばかりなんですけどね。


タグ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.xn--v8j7c6b0a2893k.com/cgi/mtos/mt-tb.cgi/104

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)