顔を左にかたむける人の特徴

顔を左にかたむける人の特徴

顔を左にかたむける人の特徴

顎と骨格(顔を左にかたむける人の特徴)の解説です。


顔を左にかたむける人の特徴

顔を左にかたむける人の特徴

顔を左に傾ける場合。


頭の上が左上、顎の先端が右下になります。


しかし、顎のしくみがわかれば、これはあり得ないこともわかります。


顔を左に傾けると、顔の上の目などは同じように左にかたむきます。


しかし、顎は吊られた関節ですので、必ず真下(水平)を保とうとします。


これが顔のゆがみの原因になり、この時に顎のズレが顎関節症を招きます。


顔を左に傾けた場合は、右の顎関節が牽引(けんいん)されます。※牽引→ひっぱられる


左の顎関節は、詰まってこすれる状態になります。


これは顎の本来の形ではありませんから、この時に違和感や痛み、摩擦熱が発生します。


そして、本来のフェイスラインが崩れてしまうので、顔の本当の大きさよりも大きくなってしまうわけです。


だから、一時的な矯正で小顔になっても、原因はそのままなので元に戻るということです。


タグ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.xn--v8j7c6b0a2893k.com/cgi/mtos/mt-tb.cgi/23

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)