下顎のゆがみ

下顎のゆがみ

下顎のゆがみ

顎と骨格(下顎のゆがみ)の解説です。


下顎のゆがみ

顎のゆがみのしくみ。 顎のゆがみといえば、一般的に下顎のゆがみです。


この場合にも2パターンあります。


【1】顎の形のゆがみ


これは良く言われる、噛み合わせや片噛みが原因といわれるものです。


例えば右手だけで腕立て伏せをしたら、右手の方が太くなるようなものです。


【2】顎のバランスのゆがみ


これは、下顎が左右にずれる状態です。 ほとんどの顎のゆがみはこちらです。


例えるなら、両手で腕立て伏せをする時に、左右の腕の高さがちがうようなものです。また、そのほうがやりやすい状態です。


【1】の噛み合わせなどは、歯科による歯列矯正が確立しています。自分で治すのはほぼ無理なので、お医者様に頼んだほうがいいわけです。


でも【2】の場合は、身体のバランスの習慣です。


下顎はぶらさがってる状態です。 顔をかたむけるクセがある場合は、常に片方の顎関節(がくかんせつ)の付け根に負担がかかってしまいます。


顔を傾けるクセは、特に歩いている時に出ます。


自分ではわかりにくいので、他人をみると分かりやすい。


特にハイヒールで片方に鞄を持つ女性は、ほとんどバランスが崩れています。


まさに、人のフリみて我がフリ直せってやつです。はい。


タグ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.xn--v8j7c6b0a2893k.com/cgi/mtos/mt-tb.cgi/22

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)